企業をサポートし問題や課題を解決する

EYアドバイザリーは世界的なコンサルタント会社です。同業の企業はたくさんありますが、その中でもEYアドバイザリーは規模が大きく、クライアントの数も業界で多い方です。たくさんの企業が抱える課題や問題点を解決してきた実績があります。グローバル企業に発展を遂げたEYアドバイザリーは、全世界約150カ国以上に拠点を持っています。その中でも日本オフィスでは国内企業だけでなく、日本支社がある世界有数の企業や組織が抱える課題の解決支援に力を入れています。EYアドバイザリーのスタッフは23万人を超えますが、日本では外国人スタッフだけでなく、日本人スタッフも働いています。

EYアドバイザリーでは4つのサービスを柱に、クライアントへ提供する体勢が整っています。アドバイザリー、アシュアランス、税務、トランザクションの4つの主要なサービスを、クライアントが求めている状況に応じて提供します。EYアドバイザリーでは、グローバルに共通のサービスを提供することができるだけでなく、EYアドバイザリーの優秀なスタッフが、プロフェッショナルな支援を提供することができる体制が整っています。EYアドバイザリーの日本オフィスでも全てのスタッフが同じビジョンを共有して、クライアントの課題解決に向けて真摯に取り組んでいます。

そんなEYアドバイザリーを支えているのがスタッフの力です。優秀なスタッフを採用したいと考えているEYアドバイザリーは会社の力になってくれる新卒の学生や、コンサルタント会社で勤務経験がキャリア採用も積極的に行っています。日本のオフィスでも定期的にスタッフ採用の求人を公開しています。正式な求人募集の情報は公式サイトで確認することができます。就職活動をしている学生にもコンサルタント会社への就職を希望している人がたくさんいます。EYアドバイザリーのことを十分に理解して、募集要項を確認してから応募するようにしましょう。

新卒採用とキャリア採用では採用までの選考プロセスが異なります。自分がどのよう流れで試験や面接を受けて内定をもらうことができるかも、公式サイトの求人情報のページで詳しく解説をしています。自分が長い時間をかけて働く職場になるので、納得してから求人に応募するようにしてください。そうすることで満足することができる面接に臨むことができます。この会社の求人に応募するときは、必ず募集要項と選考プロセスをしっかり確認してから求人に応募することをおすすめします。

管理人おススメサイト◇◇◇1ページ目 | EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社 代表取締役会長 ビル・ファレル 氏 | ハイクラス・エグゼクティブ人材専門の転職・求人情報ならキャリアインキュベーション

新卒採用の選考プロセス

EYアドバイザリーの日本法人では多くのスタッフが働いています。その中で日本人が占める割合も大きいです。人気のコンサルタントの職種でグローバルに活躍することができる可能性がある会社です。ダイナミックな仕事をしてみたいと思っている人、人気の職種で働いてやりがいを感じてみたいと思っている人、早い段階で経験を積みたいと思っている人などにおすすめの会社です。他社と比べてもEYアドバイザリーが充実した会社だということを理解してから、募集されている求人に応募をすることをおすすめします。

新卒採用の募集要項を見てみると、コンサルタント業務を担当する学生を募集しています。希望する学科や学部は問いません。文系でも理系でもEYアドバイザリーに興味がある人は誰でも応募することができます。勤務地は東京になりますが、海外勤務になる可能性もあります。自分の能力が認められると、日本だけでなく世界で活躍することができる可能性があります。特に外国語などが話せる人はその強みを活かすことができる会社です。だからこそ多くの人が興味を持ち求人に応募してくるのでしょう。

EYアドバイザリーの選考プロセスは、エントリーをした後に基礎能力を見極めるために筆記テストが行われます。このテストでは基礎学力や論理的思考能力、基礎的協調性、コミュニケーション能力を見極めます。筆記テストをクリアしたら次に面接が行われます。EYアドバイザリーの面接は複数回行います。事前に面接の傾向と対策をしっかり把握して十分に理解をしてから面接に臨むようにしてください。面接ではどのような人物かが評価されます。そして本気具合を見極めるために志望度の確認も行われます。さらにEYアドバイザリーのことを理解しているかのカルチャーフィット、コンサルタント会社で働くことが適しているのか個人能力の評価も判断されます。

複数回の面接をクリアして初めて内定を受けることができます。入社前の手続きや健康診断を受けます。そして入社前に取り組む課題を提出して入社をすることになります。入社後にすぐに現場に出るのではなく、入社後は同じ新入社員とオリエンテーションをしながら、部門別・共通研修を受けます。EYアドバイザリーのことを十分に理解してから現場に出ることになります。自分の能力を最大限に発揮してコンサルタントの業務を提供できるようになるまで、自分自身で試行錯誤をしながら成長していくことを望んでいます。

クライアントの悩みを解決しサポートする

企業に対してコンサルタントサービスを提供しているEYアドバイザリーは、アドバイザリー、アシュアランス、税務、トランザクションの4つの主要なサービスを提供しています。全ての企業のクライアントに満足してもらえるようなサービスを提供することを会社の使命としています。会社の規模に関係なく、様々な事業リスクを抱えています。判断を誤ってしまうと会社の経営が傾いてしまう危険性もあります。そのようなリスクや問題点の課題をコンサルタントのサービスを通じて解決してくれるのがEYアドバイザリーです。世界的な企業から、各国に根ざしている企業まで、規模に関係なく関わりを持ち、4つの主要なサービスを提供しクライアントと向き合ってきました。

現在、EYアドバイザリーでは世界を4つのエリアに分けて事業展開しています。その中でも日本は1つの独立したエリアとして役割を果たしています。日本にもオフィスがあり多くのスタッフが働いています。日本にある世界的な企業から、日本独自の企業まで、会社が思うように成長することができていない企業に対して、オリジナルのコンサルティングサービスを提供しています。EYアドバイザリーのスタッフが一緒になって業績が回復するためにどうすれば良いかを十分に考えてアドバイスをしてくれます。アドバイザリー、アシュアランス、税務、トランザクションの4つのサービスの中で必要なものを適材適所に取り入れていきます。

現在日本のオフィスは業務拡大に伴い定期的に人材を採用しています。公式サイトでは常に採用情報を掲載しています。EYアドバイザリーでは現在新卒採用とキャリア採用を同時で行っています。学生を対象にした新卒採用と、既にコンサルタント会社で業務をした経験があるキャリア採用を募集しています。世界的なグローバル会社として認識されているEYアドバイザリーで働くことができる可能性があります。

新卒採用ではコンサルタント会社に興味がある学生が増えている現状があるので、EYアドバイザリーに応募する学生に対して様々なチャンスを与えています。EYアドバイザリーの新卒採用の選考プロセスを十分に理解してから応募をすることで、各プロセスを確実にクリアすることができます。中途採用で応募する場合もどのような人材を求めているのかを、できる範囲で把握しておく必要があります。これらの準備をすることでEYアドバイザリーに採用される可能性が高まります。

日本企業をアドバイザリーサービスで支える

EYアドバイザリーではクライアントが現在抱えている様々な経営課題を改善するためのサービスを提供しています。グローバル企業のメリットを活かしながら、あらゆる業種の企業に対応をすることができる体制を整えています。EYアドバイザリーが提供しているコンサルタントのサービスは4つの柱があります。それはアドバイザリー、アシュアランス、税務、トランザクションです。この柱となるサービスを駆使して、クライアントとなっているあらゆる企業に対して、適材適所にコンサルタントを実施して業務改善を行っています。

クライアントの期待に応えるために、サービスを提供するだけでなく、スタッフの能力もこだわっています。現在世界中にあるEYアドバイザリーのオフィスでは多くのスタッフが働いています。それぞれ能力の強みを最大限に発揮しながら働いています。スタッフの能力が発揮できるような職場環境を作り出すことにこだわっています。確かなサービスを提供するのは働いているスタッフです。世界中で働くスタッフが連携を強化することができる体制が整っています。そしてグローバルに国際的な事業展開をしながら、各業種や職種の企業に適しているサービスを提供しています。

EYアドバイザリーでは各分野のプロフェッショナルが活躍しています。それぞれの強みを持っているスタッフが、高品質でグローバルな戦略を多角的な視点から提案することができる体制が整っています。これはEYアドバイザリーの日本法人でも実行することが可能です。トータルでコンサルタントのサービスを提供することで、クライアントの課題や問題を解決するだけでなく、組織全体の価値向上をしっかりサポートすることもできます。ここに期待をしてEYアドバイザリーにアドバイスを求める企業が多いです。

EYアドバイザリーの日本のオフィスでもそれぞれのスタッフが、案件ごとに最適なチームを編成してクライアントのサポートにあたっています。複雑化する課題や問題点を解決するためのサポートをしながら、それだけに留まることなく成長もしっかり支援してくれます。それぞれの課題や問題に直面したら、専門知識を有しているスタッフがチームを編成し、ベストな状態で企業にサービスを提供していきます。日本企業と真摯に向き合いながら、クライアントが納得することができるサポートを実現させる体制を整えています。そして日本企業をアドバイザリーで支えていきます。

4つの主要なサービスで企業を支える

世界の4大会計事務所に社名が挙がることもあるEYアドバイザリーは、全世界に拠点があり、その数は約150カ国以上に広がっています。オフィスが各国にある世界有数の企業から、その国では知られている企業まで、クライアントの規模に関係なく、組織が抱える問題や課題の解決支援に取り組んでいます。多くのスタッフが働いてその数は23万人になります。全てのスタッフが情報を共有できるように体勢が整っています。オフィスの垣根を越えて、全てのプロフェッショナルとして働いているスタッフが、同じビジョンを共有し取り組んでいます。EYアドバイザリーは各企業に適切なコンサルタント業務を提供し続けて役割を果してきました。

EYアドバイザリーの強みはコンサルタントのサービスの4つの柱があることです。それはアドバイザリー、アシュアランス、税務、トランザクションになります。多くのクライアントの業績を回復してきた実績があるEYアドバイザリーはこの4つの主要分野でサービスを提供することができます。約150カ国以上にあるオフィスが的確に4つの柱となっているサービスをクライアントに提供することができる体制が整っています。全ての企業が課題や問題点を真摯に受け止めて、EYアドバイザリーと一緒になって試行錯誤をしながら、アドバイスを受けながら業務を改善していきます。

日本にもオフィスがあるEYアドバイザリーは、現地で日本人スタッフを積極的に採用したいと考えています。独立したエリアに指定されている日本は、EYアドバイザリーにとって重要な拠点の1つになっています。そこで働くスタッフを外国人スタッフだけでなく、日本人スタッフもたくさん働いています。グローバルに展開しているコンサルタント会社はたくさんあります。その中でもEYアドバイザリーは多くの日本人スタッフが活躍することができる環境が整っています。

EYアドバイザリーでは定期的に一緒に働いてくれるスタッフを募集するための求人情報を公開しています。現在公式サイトでは最新の情報を確認することができます。就職を希望している新卒採用の情報や、既にコンサルティング会社での勤務経験があるキャリア採用の情報も公開しています。新卒採用とキャリア採用では選考プロセスが異なります。詳細を確認して判断を誤らないようにしてください。自分がどの立場で求人に応募するのかを判断し、その判断に沿って選考プロセスどおりの流れで試験や面接を受けるようにしてください。