クライアントの悩みを解決しサポートする

企業に対してコンサルタントサービスを提供しているEYアドバイザリーは、アドバイザリー、アシュアランス、税務、トランザクションの4つの主要なサービスを提供しています。全ての企業のクライアントに満足してもらえるようなサービスを提供することを会社の使命としています。会社の規模に関係なく、様々な事業リスクを抱えています。判断を誤ってしまうと会社の経営が傾いてしまう危険性もあります。そのようなリスクや問題点の課題をコンサルタントのサービスを通じて解決してくれるのがEYアドバイザリーです。世界的な企業から、各国に根ざしている企業まで、規模に関係なく関わりを持ち、4つの主要なサービスを提供しクライアントと向き合ってきました。

現在、EYアドバイザリーでは世界を4つのエリアに分けて事業展開しています。その中でも日本は1つの独立したエリアとして役割を果たしています。日本にもオフィスがあり多くのスタッフが働いています。日本にある世界的な企業から、日本独自の企業まで、会社が思うように成長することができていない企業に対して、オリジナルのコンサルティングサービスを提供しています。EYアドバイザリーのスタッフが一緒になって業績が回復するためにどうすれば良いかを十分に考えてアドバイスをしてくれます。アドバイザリー、アシュアランス、税務、トランザクションの4つのサービスの中で必要なものを適材適所に取り入れていきます。

現在日本のオフィスは業務拡大に伴い定期的に人材を採用しています。公式サイトでは常に採用情報を掲載しています。EYアドバイザリーでは現在新卒採用とキャリア採用を同時で行っています。学生を対象にした新卒採用と、既にコンサルタント会社で業務をした経験があるキャリア採用を募集しています。世界的なグローバル会社として認識されているEYアドバイザリーで働くことができる可能性があります。

新卒採用ではコンサルタント会社に興味がある学生が増えている現状があるので、EYアドバイザリーに応募する学生に対して様々なチャンスを与えています。EYアドバイザリーの新卒採用の選考プロセスを十分に理解してから応募をすることで、各プロセスを確実にクリアすることができます。中途採用で応募する場合もどのような人材を求めているのかを、できる範囲で把握しておく必要があります。これらの準備をすることでEYアドバイザリーに採用される可能性が高まります。