4つの主要なサービスで企業を支える

世界の4大会計事務所に社名が挙がることもあるEYアドバイザリーは、全世界に拠点があり、その数は約150カ国以上に広がっています。オフィスが各国にある世界有数の企業から、その国では知られている企業まで、クライアントの規模に関係なく、組織が抱える問題や課題の解決支援に取り組んでいます。多くのスタッフが働いてその数は23万人になります。全てのスタッフが情報を共有できるように体勢が整っています。オフィスの垣根を越えて、全てのプロフェッショナルとして働いているスタッフが、同じビジョンを共有し取り組んでいます。EYアドバイザリーは各企業に適切なコンサルタント業務を提供し続けて役割を果してきました。

EYアドバイザリーの強みはコンサルタントのサービスの4つの柱があることです。それはアドバイザリー、アシュアランス、税務、トランザクションになります。多くのクライアントの業績を回復してきた実績があるEYアドバイザリーはこの4つの主要分野でサービスを提供することができます。約150カ国以上にあるオフィスが的確に4つの柱となっているサービスをクライアントに提供することができる体制が整っています。全ての企業が課題や問題点を真摯に受け止めて、EYアドバイザリーと一緒になって試行錯誤をしながら、アドバイスを受けながら業務を改善していきます。

日本にもオフィスがあるEYアドバイザリーは、現地で日本人スタッフを積極的に採用したいと考えています。独立したエリアに指定されている日本は、EYアドバイザリーにとって重要な拠点の1つになっています。そこで働くスタッフを外国人スタッフだけでなく、日本人スタッフもたくさん働いています。グローバルに展開しているコンサルタント会社はたくさんあります。その中でもEYアドバイザリーは多くの日本人スタッフが活躍することができる環境が整っています。

EYアドバイザリーでは定期的に一緒に働いてくれるスタッフを募集するための求人情報を公開しています。現在公式サイトでは最新の情報を確認することができます。就職を希望している新卒採用の情報や、既にコンサルティング会社での勤務経験があるキャリア採用の情報も公開しています。新卒採用とキャリア採用では選考プロセスが異なります。詳細を確認して判断を誤らないようにしてください。自分がどの立場で求人に応募するのかを判断し、その判断に沿って選考プロセスどおりの流れで試験や面接を受けるようにしてください。